【医薬】誌上トライアル(№ 48) 森口 理恵(医薬翻訳者)

2012/09/07

【医薬】誌上トライアル(№ 48)
森口 理恵(医薬翻訳者)
 

 今回は、米国疾患管理センター(CDC)の論文誌Preventive Chronic Diseasesに掲載された"Healthy Aging 2.0: The Potential of New Media and Technology"という論説文の一部を訳します。
 このタイトルを訳すと「ヘルシー・エイジング2.0: ニューメディアとテクノロジーの可能性」というところでしょうか。「2.0」は少し前に流行った「Web 2.0」(ウェブの新しい利用法)とかけて、IT的なタイトルになっていますね。

Telemedicine platforms support interactive information sharing between patients and providers. Technologies such as smartphones and voice-over Internet protocol software applications (eg, Skype) can bridge geographic gaps between hard-to-reach chronic disease patients and their health care professionals. The Gary and Mary West Wireless Health Institute in San Diego, for instance, is developing wireless tools such as smart pills that can be monitored as patients swallow them. The SmartPill Corporation developed the first ambulatory diagnostic tool for gastrointestinal disorders, which uses sensors to measure pH, pressure, and temperature within the gastrointestinal tract (Figure). Another innovation, the iShoe, monitors how people walk and allows health practitioners to determine risk for falls. These types of interoperable, user-centered design features provide real-time information exchange between patients and providers, resulting in enhanced health communication where distance and access is a challenge.
http://www.cdc.gov/pcd/issues/2012/11_0241.htm
 
 
 今回訳す文章は、論説文のIntroductionに続くTelemedicineというパラグラフの第2段落です。第1段落でtelemedicineの定義を説明し、現在の利用状況を述べた後、第2段落で実用化の進む技術を列記しています。最新の事例が短い文章で表現されている箇所で、辞書だけでは訳すのが難しいところですが、ネット検索を行い必要な情報を参照すれば、しっかり理解しながら訳せます。
 
第1文:Telemedicine platforms support interactive information sharing between patients and providers.
 パラグラフは総論的な表現で始まっています。具体的な事例が出てくるのは第2文以降です。第1~2文を読めばTelemedicine platformsとは、スマートフォンやスカイプのことだとわかりますね。「遠隔医療の基盤」と訳しましょう。「
 この文章は遠隔医療の基盤が患者と医療提供者の情報共有を支えている」と訳すこともできるのですが、日本語では無生物主語の文章は頭に入りづらいですね。「基盤が整備され、~が可能となった」と2段階に訳すとわかりやすくなります。
 訳例:遠隔医療の基盤が整備され、患者と医療提供者との情報共有が可能となっている。
 
第2文:Technologies such as smartphones and voice-over Internet protocol software applications (eg, Skype) can bridge geographic gaps between hard-to-reach chronic disease patients and their health care professionals.
 Telemedicine platformsの具体例。"voice-over Internet protocol software applications"では何のことがわからなくても、スカイプが代表例としてあがっているので、インターネット電話のことだとわかります。Internet protocolは日本語でいうIPのこと。逐語訳ではないのですが、「インターネット回線を用いて会話ができるIP電話」とスカイプの説明に良く用いられる表現を借用すればよいでしょう。
 "hard-to-reach chronic disease patients"は遠隔地に住んでいるなどの理由で通院が難しい慢性疾患の患者さんのことです。
 訳例:スマートフォンや、インターネット回線を用いて会話ができるIP電話(スカイプ等)の登場で、通院が難しい慢性疾患の患者と医療従事者との地理的な隔たりが克服できるようになっている。
 
第3文:The Gary and Mary West Wireless Health Institute in San Diego, for instance, is developing wireless tools such as smart pills that can be monitored as patients swallow them.
 装置の名称や企業名が出てきます。論文は一般向けの記事とは異なり、出典が参照できるように訳す必要があります。人名は元綴りのまま、製品名や企業名も日本で発売されていたり日本法人がある場合を除いて基本的に元綴りで表記し、必要に応じて日本語訳を添えます。
 Gary and Mary West Wireless Health Instituteは同社のサイト(http://www.westwirelesshealth.org/)に入り、企業情報を読めば、Gary and Mary WestはCEOと奥様の名前であることがわかります。smart pillsは、飲み込むタイプのワイヤレス装置のこと。日本でも「カプセル内視鏡」として話題になったワイヤレス内視鏡検査がありますね。
 訳例:例えば、サンディエゴのGary and Mary West Wireless Health Institute (ゲリー&メリー・ウエスト・ワイヤレス健康研究所)は、「スマートピル」と呼ばれる患者が嚥下して用いるモニタリング用装置などの無線ツールを開発している。
 
第4文:The SmartPill Corporation developed the first ambulatory diagnostic tool for gastrointestinal disorders, which uses sensors to measure pH, pressure, and temperature within the gastrointestinal tract (Figure).
 SmartPill Corporationは社名。原文にある写真を見ると、飲み込んで用いるカプセル型装置であることがわかります。Ambulatoryはambulatory patientsなどでは「外来」という意味ですが、Ambulatory blood pressure monitoringなどでは「携帯型」や「自由行動下」と訳します。whichの前後で切って訳すと、文章がすっきりします。
訳例:SmartPill Corporation (スマートピル社)は、初の携帯型消化管診断ツールを開発した。センサーを用いて消化管内のpH、圧力や温度を測定する装置である(図)。
 
第5文:Another innovation, the iShoe, monitors how people walk and allows health practitioners to determine risk for falls.
 iShoeで検索すると見つかるのは普通の靴メーカーですが、[iShue monitor]で検索すれば、この文章に関連するページがヒットします(http://www.tekscan.com/force-sensitive-insole)。靴底にセンサーをつけてデータを記録する技術のようです。英語を読む人にはiShoeという名称からセンサーつきの靴であることは想像できますが、訳文の読者は全員がShoe=靴と気がつくわけではないので、ここは「センサーつきの靴」などと補って訳すべきところです。
 訳例:また、センサーつきの靴で歩行状況のモニタリングを行い、医療従事者が転倒のリスクの検討に活用できるデータを得る技術(iShoe)も開発されている。
 
第6文:These types of interoperable, user-centered design features provide real-time information exchange between patients and providers, resulting in enhanced health communication where distance and access is a challenge.
 パラグラフをまとめる文章です。These types of interoperable, user-centered design features はスマートピルやセンサー付の靴のことです。User-centered designはネットで検索すると「ユーザー/利用者中心の設計」や「ユーザーセンタード・デザイン」という訳語が使われていますが、「利用者の利便性を重視した設計」と訳すとわかりやすくなります。
 resulting in 以下のフレーズは、「この結果~が強化された」と訳しましょう。フレーズを文章に読み下すテクニックを覚えておくと便利です。
 訳例:このような相互運用が可能で利用者の利便性を重視した設計によって、患者と医療提供者の間でリアルタイムの情報交換が行えるようになり、遠距離で通院が難しい患者とのヘルスコミュニケーションが充実した。
 
次回は、米国食品医薬品局(FDA)のサイトにあるタバコについての文章を訳しましょう。
4 Tips to Stay Tobacco Free
Quitters always win – when it comes to quitting tobacco, that is. So if you have recently quit – we congratulate you! Quitting smoking is beneficial at any age, and you should already be seeing some of the positive effects of quitting1.  But staying tobacco free can be a challenge, especially during the first few weeks when physical and mental cravings are at their peak. The following four tips can help keep you on the path to a healthier life.
 
1. Know your “triggers.”
Certain locations, situations, and people may cause you to crave nicotine. Be aware of what makes you to want to use tobacco products – create a list of your own potential triggers1.  Once you understand what your triggers are, you can do your best to avoid them. Take a new route to work, trade your morning cup of joe in for a fruit smoothie, take a walk instead of a smoke break—and don’t forget to ask your friends and family members for their support.
 
 
 翻訳は、10月28日までに森口理恵まで電子メールでお送りください(Email: riye@remus.dti.ne.jp)。電子メールの件名は「ほんれんそうNo.48訳文」としてください。皆様のご参加をお待ちしております。