イベント報告

2018/11/09

Women in Localization Japan
第15回イベント報告


Claire Pagès
Expedia Group
Director, Localization Programs


In her role as Director of Localization Programs for the Expedia Group, Claire Pagès manages a team of Program and Project Managers to ensure that the 15+ brands and nearly 200 points of sale they provide services to present localized contents that are complete, accurate and fluent in all languages. This means localizing millions of words each month to maintain the sites & products, with varied contents such as property descriptions, user interface, marketing, SEO, geo, travel guides, help, training, etc. Claire comes with about 15 years’ experience in localization, having held many different roles and responsibilities in the industry, both on the supplier and client side. She started her career as a French translator, a role she did for a couple of years before moving onto management roles. When she is not at work, Claire loves travelling and discovering new horizons and cultures with her young family. 

 

Tommaso Rossi
Expedia Group
Senior Manager, Vendor Management Global Supply Operations


Tommaso Rossi has worked in the translation and localization industry for almost fifteen years. After earning a degree in interpreting and translation in 2003, he worked as a freelance interpreter for a year, mainly for the UN and other international organizations, then started a career in translation. Tommaso first worked as a project manager for an Italian translation company then as a vendor manager in Brussels. He currently lives in London and works for Expedia as the head of vendor management inside the Lodging Partner Services department. He has developed solid experience in various localization domains such as freelancing, project management, machine translation, translation management systems and the translation supply chain management. Outside the localization world, Tommaso loves reading, traveling, watching movies and he is determined to improve his cooking skills.

 

森山 崇範
Dell EMC
Advisor, eServices & SDS Knowledge Management


2006年入社。日本のサポート部門にて社内用ナレッジベースのコンテンツ管理およびコール削減に従事。2009年グローバル・ナレッジ・マネージメント部門に異動。次期KBツールのAPJへの展開とコンテンツ翻訳管理を担当。SMTの導入開始。2013年、お客様向けサポート・ウェブ・サイト管理部門に異動。現在サポート・サイト管理のAPJリード業務と並行してコンテンツ翻訳管理をグローバルで担当。2017年からNMTの導入プロジェクト開始。

 



Women in Localization Japan 第15回イベント報告
日時●2018年09月07日(金)19:00 ~ 21:30
開催場所●ネットアップ株式会社 会議室

セッション I
テーマ● Expedia's Journey with Machine Translation
登壇者●Claire Pagès and Tommaso Rossi, Expedia Group 
セッションII
テーマ●Dell EMCサポートコンテンツ翻訳におけるNMT導入事例
登壇者●森山崇範 Takanori Moriyama, Dell EMC
WL事務局メンバー(上田 有佳子・千葉 容子・澤村 雅以・加藤めぐみ・森 みゆき)

報告者●目次 由美子(XTM International Ltd.)

 


 

 ローカリゼーションに携わる女性のための非営利団体として2008年に米国加州で設立された「Women in Localization」は、本年、記念すべき10週年を迎え、そのささやかなお祝いも含めたイベントが開催された。日本支部は2015年に発足し、3ヶ月ごとに勉強会兼ネットワーキングのイベントを開催している。発足当初は約10名であった会員は今や100名を越え、クライアント企業のみでなく、翻訳会社や個人翻訳者、翻訳ツールベンダーを含む。ローカリゼーション関連の新しい技術や共通の問題をトピックとしたセッションを行っており、この度はグローバル企業での機械翻訳への取り組みが紹介された。

セッション I
Expedia's Journey with Machine Translation

Mrs. Claire Pagès and Mr. Tommaso Rossi

 Women in Localization Japan chapter advances and welcomed speakers online from abroad for the first time. Claire and Tommaso from Expedia Group, the worldwide leader of online booking sites in travel, were willing to carry out a presentation from London, United Kingdom. They talked about their works with Machine Translation (MT).
 As benefits of using MT, Claire mentioned about cost and time. The translation vendors provide discount for their post-editing works comparing to “pure” translation tasks. Also, MT generates translation at faster speed, thus it makes it possible for them to have more time to translate more materials.
 Currently, Expedia utilizes 2 types of MT engines as they see different benefits. It is possible for them with Statistical MT (SMT) to specify the language variants such as Chinese for Simplified Chinese, Hong Kong and Taiwan. Meanwhile, Neural MT (NMT) engine does not offer multiple language variants but they found that it generates more fluent translations for longer sentences. It was also pointed out that NMT cannot be customized, and less accuracy can be seen for terminology. 
 Also, Expedia is aware of the necessity of testing MT before its implementation as experience shows that not all content types or languages are suitable for MT. Especially, they are concerned with Asia-Pacific languages. Moreover, they noted that there are currently more and more options for MT engines with varying results at a content type or language level. 
 By now, Expedia has built up connectors with different MT engines, a process to measure quality and efficiency gains, and partnership with their external suppliers. They also addressed their concerns on security.
During the Q&A session, they pointed out it is necessary to increase MT knowledge for their internal resources also via trainings and learning, so that all translators can consider MT as an aid rather than a threat. 

セッションII
Dell EMCサポートコンテンツ翻訳におけるNMT導入事例

森山 崇範氏

 森山氏は、社外に対してWeb上で公開しているSupport Knowledgebaseの機械翻訳(MT、Machine  Translation)の利用について紹介してくれた。含まれる情報の一部には、もともと日本語や中国語で執筆されたものもあるが、ほとんどが英語で執筆され、17言語への翻訳を展開しているとのこと。
 スピードが重視される内容については機械翻訳のみ、品質が重視される場合は人手翻訳(HT、Human Translation)、それ以外の大部分は機械翻訳+事後編集(PE、Post-Edit)を実施するという使い分けをしているそうだ。地域性と言えるのだろうか、英語が広く普及している国では、翻訳するよりも英文のままでの情報公開が好まれることもあれば、品質に関わらず現地の言語に翻訳することがなによりも望まれる場合もある。特に日本の場合は、訳文の正確性が重視されるとのこと。
 Expedia社と同様、コンテンツの種類によるMTの使い分けが言及され、言語バリアントについても紹介があった。たとえば製品の売上に直結するマーケティング資料についてはローカル言語への翻訳が必要、サポート コンテンツについてはユーザによる問題解決が重要であり方言を使い分ける必要性は低いと考えられるが、法律関係書類となると特別に現地語での高品質での翻訳が必要とされる。自らに対しても基準を明確にすることの重要性が指摘された。
 また「Hot Issue」と呼ばれるような、一時的に数多くのユーザが参照するようなトピックについてはPEを実施する、予算などの都合上でMT訳を公開して後追いでPEを実施することもあるそうだ。

 同社ではNMTを使い始めるにあたって、従来のSMTから切り替えて生産性が落ちないかという評価をパートナー企業と推進しているとのこと。トレーニングが可能なNMTも出てきているとのことで、用語管理などに関する弱みが改善させられるのではと期待しているそうだ。品質評価についてはTAUS DQFを活用しているとのことだが、PEを実施していないRaw MTの翻訳品質を自動的に評価することが目下の課題とのこと。