翻訳業を営む個人事業主向けの適正な会計処理について

2019/01/18

10/26 Track3 13:00-14:30

宮原 健 Miyahara Takeshi

個人翻訳者
広島の大学を卒業後、千葉県内の精密機器メーカーや広島県内の重工業系企業で通訳・翻訳業務の経験を積み、現在は国内外の翻訳会社と取引しながら個人翻訳者として活動中。言語ペアは英日・独日。主な受注分野:契約書、太陽光発電、精密機器取扱説明書/製造/品質管理・保証/広告、観光案内 (ドイツ)。その他得意分野:経営・マーケティング、国際会計、入管手続き。2013年および2014年には、広島市のヒロシマ・メッセンジャーに任命され、同市が姉妹都市友好提携を結ぶドイツ・ハノーファー市との交流をサポートした。


報告者:中山 周作(フリーランス翻訳者)

 


 個人事業主向けの記帳方法は、インターネット上にあまり情報がなく、特に翻訳に関わる記帳方法に関する情報などは少ない。今回は情報共有という形で聞いていただきたい。
 白色申告は単式簿記、青色申告の65万控除の場合は複式簿記となる(単式簿記では現金の流れだけを記録し、複式簿記では借方、貸方がある仕訳帳を使用)。青色申告の10万控除の場合は白色申告と同じ形式で記帳する。2014年には白色申告をする人にも、記帳および記録の保存が義務化された。
 翻訳業で使用する費用項目と勘定科目は以下のとおり。

 使用する勘定科目に法律上の決まりはなく、目的に従って自分たちの経理の中で適切に処理することが認められている。ただし、頻繁に使用するもの、金額がある程度大きいものは独立した科目で整理し、継続適用する。
 年末には貸借対照表や損益計算書を作成する。ソフトを使用すると元帳等も自動作成されるため、事務的な手間が大幅に省ける。さらにオンラインの会計ソフトなら、税法等も毎年アップデートされるため見落としがなくなる。

貸借対照表

損益計算書


取引の仕訳例

■取引の仕訳例(1)

10/25の翻訳祭に行く新幹線の切符を10/21に10,570円で購入した。

単式簿記

複式簿記

■取引の仕訳例(2)

仕事用Office365の月請求を7/21にクレジットカードで1,296円支払った。利用分は8/25に口座から引き落とされた。

単式簿記

複式簿記

■取引の仕訳例(3)

翻訳に使用しているPCが使えなくなったため、2/12に新しいPCに120,200円で買い替えた。

単式簿記

複式簿記

または

白色申告では10万円を超えるものについて消耗品費にはできず、資産購入の形となる(固定資産台帳を記帳して管理)。青色申告では30万円未満であれば消耗品費で当該年度に全額処理できる。白色申告の場合と同様に資産購入として処理することも可能。

■取引の仕訳例(4)

10/25-26に京都で開催されるJTF翻訳祭の参加費として8/24に7,000円を支払った。

単式簿記

複式簿記

■取引の仕訳例(5)

翻訳案件の参考資料として3,150円の書籍を11/4に購入した。

単式簿記

複式簿記

■取引の仕訳例(6)

自宅兼事務所の8月分家賃80,000円が7/31に口座から引き落とされた。住まい全体の敷地面積は54㎡で、うち事務処分の部屋は面積が18㎡ある。

単式簿記

複式簿記

売上の仕訳例

単式簿記では売上が入金された日に売上を計上する。複式簿記では納品した日を基準に売上を計上する。
3月初めに受けていた報酬32,400円の翻訳が完了し、3/21に納品した。3/31に請求書を出し、4/15に受け取った。

単式簿記

複式簿記

外貨取引の処理

■外貨取引を複式簿記で処理

2017/11/27に€900.00の成果物を納品した。

翻訳会社から上記売掛金について2017/12/26に支払があった。

売上時より為替レートが円安ユーロ高の場合、為替差益(貸方、収益勘定)

銀行が公開している為替相場情報などを参照する。継続適用を条件として、前月末日/当月初日、前週末日/当週初日の為替レートをその月もしくは週全体に適用することも認められている(第4款の2 外貨建取引の換算 法第57条の3《外貨建取引の換算》関係の2参照)。