記事一覧

時代が創る翻訳イノベーション in 関西

第28回JTF翻訳祭実行委員長日本翻訳連盟 理事石岡 映子 Ishioka Eiko第28回JTF翻訳祭が無事に終了しました。晴天にも恵まれ、全てのプログラムが大盛況のうちに終えることができました。ご参加いただいた皆さま、関係者各位に感謝を申し上げます。飯間先生のノースライド、生プレゼンに感激し、テクニカルコミュニケータ協会(JTCA)様との共同セッションでは用語集の重要性を改めて考えさせられました。翌日の京都大学の高橋先生によるパーキンソン病のiPS治療の話は、まさにイノベーションを実感する素晴らしいご講演でした。FINAL FANTASYの長谷川さんのプレゼンも日本翻訳者協会(JAT)様のTonyさんのご講演も皆、素敵でした。今回のテーマの一つはMT(機械翻訳システム)でしたが、京都大学の黒橋先生、LinkedIn のMike Dillinger博士、特許翻訳の松田さんなど、関連するセッション...

分かりやすいことばと難しいことば

10/25 Track1 14:00-15:30飯間 浩明 Iima Hiroaki 国語辞典編纂者・『三省堂国語辞典』編集委員1967年、香川県高松市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。同大学院博士課程単位取得。国語辞典編纂者。『三省堂国語辞典』編集委員。著書に『辞書を編む』(光文社新書)、『小説の言葉尻をとらえてみた』(同)、『国語辞典のゆくえ』(NHKシリーズ)、『非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門』(ディスカヴァー携書)などがある。報告者:東 尚子(フリーランス翻訳者)  本セッションは、翻訳にかかわるあらゆる人が日々向き合っている「ことば」の選び方について、ことばのプロ、飯間浩明氏からの提案という形でのご講演だった。ときおり客席から笑いも起こり、終始なごやかな雰囲気で進んだ。以下に講演の内容を要約して紹介する。なお、言及されている文献は青空文庫でも参照できるため、ここでは引用を最低限...

JTCA×JTFコラボレーションセッション 用語集の重要性と運用の在り方

10/25 Track1 15:45-17:15パネリスト:高橋 聡 Takahashi Akira 個人翻訳者、日本翻訳連盟専務理事CG以前の特撮と帽子をこよなく愛する実務翻訳者。翻訳学校講師。学習塾講師と雑多翻訳の二足のわらじ生活と、ローカライズ系翻訳会社の社内翻訳者生活を経たのち、2007年にフリーランスに。現在はIT・テクニカル文書(特にニュース、ブログ)の翻訳を手がけつつ、翻訳学校や各種SNSの翻訳者コミュニティに出没。2016年よりJTF理事。最近は、翻訳者が使う辞書環境の研究が個人的なテーマになっている。共著『翻訳のレッスン』(講談社)。徳田 直樹 Tokuda Naoki 一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会 副評議員長英和・和英翻訳者、テクニカルライター、株式会社パセイジ代表取締役を経て、現在株式会社クレステックおよび株式会社パセイジの顧問/国際法令規格アドバイザー。テクニカルコミ...

iPS細胞を用いたパーキンソン病治療

10/26 Track1 10:00-11:30髙橋 淳 Takahashi Jun 京都大学iPS細胞研究所臨床応用研究部門 教授 博士(医学)京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門 神経再生研究分野 教授。1986年 京都大学医学部卒業、同大学同学部附属病院脳神経外科で研修医を経て、米国ソーク研究所留学。帰国後は京都大学医学部に戻り、脳神経外科助手、講師、京都大学再生医科学研究所生体修復応用分野准教授、2012年より現職。再生医療を用いた神経難病の治療開発に力を注ぎ、iPS細胞を用いたパーキンソン病治療に取り組んでいる。報告者:笠川 梢(フリーランス翻訳者) 再生とiPS細胞 プラナリアを例にして、治るとは何か、再生とは何かを考えてみよう。プラナリアは体長約1cm。下等生物だが、どこを切り刻んでも新たに体ができる。つまり傷が治り、再生される。プラナリア以外でも自分の体を自分の細胞で治すことが再生。そも...

深層学習による自然言語処理の進展

10/26 Track1 13:00-14:30黒橋 禎夫 Kurohashi Sadao 京都大学大学院情報学研究科教授1994年京都大学大学院工学研究科電気工学第二専攻博士課程修了。博士(工学)。2006年4月より京都大学大学院情報学研究科教授。自然言語処理、知識情報処理の研究に従事。自然言語処理に関する大型プロジェクトを研究代表として推進するとともに、2016年よりJSTさきがけ「新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出」の研究総括を務める。言語処理学会10周年記念論文賞、同20周年記念論文賞、文部科学大臣表彰科学技術賞等を受賞。日本学術会議連携会員(2014~)。報告者:河野 弘毅(JTFジャーナル編集長)  講演の冒頭に司会者であるJTF隅田理事から長尾真先生の文化勲章受賞が速報された。長尾真先生は日本における機械翻訳研究のパイオニアであり、講演者の黒橋先生は長尾先生直系の最後...

How Machine Translation can help you most

10/26 Track1 15:00-16:30マイク・ディリンジャー Mike Dillinger LinkedIn Manager, Taxonomies and Human JudgementsMike Dillinger, PhD, is Manager of taxonomies and human judgements at LinkedIn. Before that, he was manager and computational linguist at eBay, an independent consultant for Fortune 500 companies, and Director of Linguistics at both Spoken Translation and Global Words. He wrote the widely circulated LISA Best Practices Guide: Implementing Machine Translati...

そこが気になって眠れない—Never Go to Sleep Wondering: Advanced Search Techniques for Translators

10/26 Track2 10:00-11:30トニー・アトキンソン Tony Atkinson President, Japan Association of TranslatorsMajoring in physics (BSc) at the University of Western Australia, Tony Atkinson taught science for ten years before switching to Japanese-English translation in 1988. A freelance translator since 1992, his work is now focused mainly on the areas of medicine and drug development. He also delivers workshops on pharma translation and scientific writing to clients in Japa...

Road to XV ~FINAL FANTASY XVで12言語を同時発売出来るまで~

10/26 Track2 13:00-14:30長谷川 勇 Hasegawa Isamu 株式会社 Luminous Productions チーフリサーチャー(現在、株式会社スクウェア・エニックス R&D テクニカルプロデューサー)オープンソース開発、ソフトウェアプロダクト開発、エンタープライズシステム開発などの様々な開発を経てゲームプログラマに。株式会社スクウェア・エニックスに入社後は、Luminous Studio、FINAL FANTASY XVの開発に参加し、VFX・UIを担当。株式会社Luminous ProductionsではR&Dを担当。専門は言語処理系。ACM SIGGRAPH Asia 2018 Real Time Live! Chair、情報処理学会ソフトウェア工学研究会運営委員、情報処理教育委員。共著『ゲームエンジニア養成読本』(Software Design plusシリーズ、技術評論社)...

特許翻訳者のリーサルウェポン ~人間翻訳vs機械翻訳~

10/26 Track2 15:00-16:30松田 浩一 Matsuda Koichi 英日翻訳工房代表横須賀市在住の特許翻訳者。VTR、TV、高周波デバイス、通信システムなど、四半世紀にわたりSONYのエンジニアとして研究開発畑を渡り歩き、2004年春に早期退職して手探りで翻訳の道を歩み始める。後に生涯の師となる大先輩の厳しいオンザジョブトレーニングに耐え、2005年秋にフリーランス特許翻訳者として独立して今日に至る。担当技術分野は、電子/電気、通信/ネットワーク、機械装置の要素技術やハードウェア、システム。特許翻訳者としての仕事を軸足に置き、2008年からは翻訳学校講師として特許翻訳講座を担当するかたわら、翻訳コミュニティや勉強会も精力的に主宰。ニックネームはMatt(マット)。報告者:佐藤 従子(フリーランス翻訳者)  このセッションでは、翻訳現場の激変が予想される中、具体的な翻訳例をひとつ...

NMT みんなで使ってみました

10/26 Track3 10:00-11:30パネリスト:奥山 尚一 Okuyama Shoichi日本知的財産翻訳協会(NIPTA)理事長、久遠特許事務所代表弁理士 宮本 伸也 Miyamoto Shinya 日本ビジネス翻訳株式会社 代表取締役社長湯浅 豊裕 Yuasa ToyohiroWIS知財コンシェル株式会社 翻訳事業部、日本知的財産翻訳協会(NIPTA)理事平林 千春 Hirabayashi Chiharu平林特許・翻訳事務所 特許翻訳者/弁理士、日本翻訳者協会(JAT)理事梶木 正紀 Kajiki Masanori株式会社MK翻訳事務所 代表取締役新田 順也 Nitta Junya翻訳者、色deチェックなど翻訳マクロ開発者、Microsoft MVP for Office Apps and Services受賞者河野 弘毅 Kawano Hiroki 機械翻訳コンサルタント、ポストエディット東京代表、JTFジャーナル編集長 報告者:小野 郁子...

翻訳業を営む個人事業主向けの適正な会計処理について

10/26 Track3 13:00-14:30宮原 健 Miyahara Takeshi 個人翻訳者広島の大学を卒業後、千葉県内の精密機器メーカーや広島県内の重工業系企業で通訳・翻訳業務の経験を積み、現在は国内外の翻訳会社と取引しながら個人翻訳者として活動中。言語ペアは英日・独日。主な受注分野:契約書、太陽光発電、精密機器取扱説明書/製造/品質管理・保証/広告、観光案内 (ドイツ)。その他得意分野:経営・マーケティング、国際会計、入管手続き。2013年および2014年には、広島市のヒロシマ・メッセンジャーに任命され、同市が姉妹都市友好提携を結ぶドイツ・ハノーファー市との交流をサポートした。報告者:中山 周作(フリーランス翻訳者)  個人事業主向けの記帳方法は、インターネット上にあまり情報がなく、特に翻訳に関わる記帳方法に関する情報などは少ない。今回は情報共有という形で聞いていただきたい。 白色申告は...

あなたがつくる医学翻訳の未来: Prescription for Survival続編

10/26 Track3 15:00-16:30パネリスト:平井 由里子 Hirai Yuriko株式会社MCL 代表取締役医薬専門の翻訳会社として平成14年に設立。「翻訳を通じて医学薬学の発展に一滴の貢献を」という創業以来のポリシーのもと、製薬関連案件に加え、医学書籍などの大型翻訳プロジェクトを多数手掛ける。 安藤 惣吉 Ando Sokichi 株式会社ウィズウィグ 代表取締役JTF理事科学的に正確な翻訳と当局に通用する申請・報告資料の制作支援業務を柱に、安全性情報支援業務、医学薬学・ライフサイエンスのデータベース制作支援業務のサービスを提供している。最近、キータームにkを追加し、サービスを「See」から「Seek」へと変更。モデレーター:石岡 映子 Ishioka Eiko 株式会社アスカコーポレーション 代表取締役JTF理事医薬専門の翻訳会社として大阪に本社を置き、論文・開発関連の翻訳を中心に手掛ける。米国科...

キャリアとしての翻訳者を考えているみなさんに伝えたい5つぐらいのこと

10/26 Track4 10:00-11:30岸本晃治 Kishimoto Koji 株式会社アビリティ・インタービジネス・ソリューションズ 部長大学新卒で株式会社アビリティ・インタービジネス・ソリューションズに入社、翻訳者・チェッカーを経て、現在はマネージメント職に従事。広島修道大学の翻訳プログラムに協力し、高橋氏とともに教壇に立つ。神戸市外国語大学で翻訳コースの学部生、大学院生を対象にしたゲスト講義も実施。多くの若者が翻訳業界に参入してくれることを願っている。 高橋洋之 Takahashi Hiroyuki 個人翻訳者、広島修道大学非常勤講師塾講師を経て株式会社アビリティ・インタービジネス・ソリューションズに入社。翻訳・レビューなどに従事した後フリーランス翻訳者として独立。主にIT分野の英日/日英翻訳に携わっている。現在はフリーランス翻訳者の傍ら、広島修道大学の非常勤講師として翻訳プログラムの講師...

1級合格者が語る知財翻訳検定合格のコツ

10/26 Track4 13:00-14:30パネリスト:加納 淳子 Kano Junko 株式会社MK翻訳事務所 特許翻訳者・オフィスマネージャー。化学メーカー勤務等を経て2006年MK翻訳事務所入社。知的財産翻訳検定1級:電気・電子工学(日英)永原 健嗣 Nagahara Kenji 株式会社MK翻訳事務所 シニアトランスレータ。大学技術職員、フリーランス翻訳者等を経て、2013年MK翻訳事務所入所。弁理士試験合格。知的財産翻訳検定1級:化学、機械工学、電気・電子工学(英日)湯浅 豊裕 Yuasa Toyohiro WIS知財コンシェル株式会社 翻訳事業部。University of Wales, Aberystwyth卒(BSc Mathematics)、知的財産翻訳検定1級:機械工学(日英、英日)清原 典子 Kiyohara Noriko WIS知財コンシェル株式会社 翻訳事業部。大阪外国語大学外国語学部地域文化学科卒(英語...

「翻訳者としてデビューしたい」「翻訳エージェントに登録したい」「駆け出し翻訳者から脱したい」と 考えている方向けの元・翻訳コーディネータからのアドバイス

10/26 Track4 15:00-16:30酒井 秀介 Sakai Shusuke 通翻訳者のためのビジネススクール「カセツウ」代表通訳翻訳エージェント退職後、11年のコーディネータ経験とマーケティングメソッド「DRM」を組み合わせて2015年に通訳者と翻訳者に仕事の取り方や収入の挙げ方を専門的に教える「カセツウ・ビジネススクール」を開校。支援してきた受講生は100名を超え、月5万円だった売上を4か月で20万円、8か月で40万円に伸ばした翻訳者、翻訳者デビュー前に育児に入り5年半のブランクから復帰後あっという間に100万円を稼いだ翻訳者など。通訳翻訳を仕事にしたい、クライアントに選ばれたいと頑張っている通訳者・翻訳者・またその志望者を支援中。報告者:蓬野大志郎(フリーランス翻訳者) はじめに このセッションでは仕事の取り方や収入の伸ばし方等、悩める数々の通訳者・翻訳者を支援してきた元翻訳コーデ...